足が疲れないための【最強】インソール おススメ特選

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

最近、足が疲れやすいんですよね。
足裏が痛かったり、攣りそうになったり、ホントに疲れるんです。
立ち仕事のせい? そんなに歩き回るわけじゃないのに?
もしかして、体重が増加したから??運動不足のせいかも?。
なんとか、疲れをとりたい!

はい、お困りですね。

体重の増加と、運動不足。ご自分では、よ~く分かっていらっしゃる。
でも、ダイエットとなると、なかなかできるもんじゃありません。

それならば、足が疲れないおススメのインソールを試してみてください。
高性能なインソールは、足を強化してくれるので、足の疲れをカバーできるのです。
また、インソールは、シューズに入れるだけだから、超便利。

でも、たくさんの種類から最適なインソールを選び出すのって、けっこう難しいですよね。

そこで、この記事で中敷き研究家が、足の疲れの【原因】、最適なインソールの【選び方】を解説しました。

また、おススメのインソールを、8製品だけ紹介しています。

ぜひ、インソール選びの参考にして、足の疲れを吹き飛ばしてくださいね。

足の疲れの【原因】

さて、足の疲れの原因は、なにも体重増加や運動不足だけではありません。
他にも、たくさんの原因があるのです。

その中で、大きな原因が、とくに『靴やシューズの問題』『足の崩れの問題』です。

靴やシューズの問題

毎日履いている靴やシューズが、知らないうちに足の疲れを引き起こしていても、あまり気づきませんよね。

それは、もともと、日本は靴文化じゃないし、意識的にチェックする習慣もないからです。

それでは、靴やシューズの問題を、3つのポイントからチェッしてみましょう

  • 足が靴の中で遊んでいませんか?
  • シューズが中折れしませんか?
  • 柔らかすぎで薄っぺらのアウトソールではありませんか?

足が靴の中で遊んでしまう

これは、靴や・シューズのサイズが大きいためですね。靴の中で足が遊んでスベってしまうと、歩く度に、踏ん張れないから力が抜けてしまいます。これでは、歩きづらくて、足が疲れてしまいますね。

これは、サイズ調整で簡単に解決するのです。サイズ調整には、インソールが最適ですね。

シューズの中折れ

写真のように、シューズの両端を持って曲げてみてください。

シューズの中央が、中折れするのは、シャンク(土踏まずの芯)がないからです。
シューズのアーチ部分が中折れすると、足の土踏まずもいっしょになって崩れるため、扁平化していきます。とくに、扁平足ぎみの人にとっては、ホントにつらいですね。

これは、硬質のスタビライザーのあるインソールをシューズに挿入するだけで、シャンク(土踏まずの芯)の補強になるのです。

インソールを使えば、ローテクシューズもハイテクシューズに様変わりしますよ。

柔らかすぎで薄っぺらのアウトソール

シューズのアウトソールは、路面からの衝撃を和らげるとともに、反発力を高める役目があります。アウトソールが薄っぺらだと衝撃吸収と反発力のリターンがないため、歩くのがつらくなります。

アウトソールの代りを、インソールで代用する必要があるでしょう。

足の崩れの問題

足の崩れの問題も、疲れの大きな原因です。

土踏まずが崩れる扁平足

足の崩れで多いのが、土踏まずがつぶれて低くなる扁平足。

『扁平回内足』ともいいます。

『扁平回内足』は、そもそも負担に弱い足ですね。なんといっても、足は体の土台ですから。

足が崩れると、膝や腰に影響があるので、足も体も疲れやすくなります。

これには、ヒールカップやアーチサポートで扁平回内足を改善することが必要ですね。

扁平足の矯正には、インソールを使うのがベストだ おすすめ5選扁平足の矯正には、インソールを使うのがベストだ おすすめ5選

かかと体重で浮き指

足の指が、地面に着かないで浮いているのを『浮き指』といいます。足の指が使われずに遊んでいる状態ですね。

これは、かかと体重と足底筋の弱化が原因です。

足の指が使えないと、地面を蹴れないし、バランスも悪くて疲れるのです。

バランスをとるのには、足の骨(26個もありますよ)が、精緻に連動する必要があります。かかと体重では、この精緻な動きが止まってしまうのです。

インソールを使えば、精緻な動きを引き出すこともできるのですね。

専門家のチェックを受けよう

もし、疲れがひどかったり、足裏の痛みが強かったなら、他の病気が隠れているかもしれません。

我慢しないで、シューフィッター(靴の専門家)やお医者さんに相談してくださいね。
で、異常なしってことなら、インソールを試してみましょう。

疲れないインソールの選び方

インソールを選ぶ前に、普段履いている靴やシューズを、必ずチェックして下さいね。

疲れの原因が、靴やシューズにあることも多いですから。

サイズ調整で選ぶ

フルサイズインソールとハーフサイズ

靴やシューズが大きい場合に、インソールがサイズ調整として利用できます。

踵から足先まで全体が大きければ、フルサイズのインソールを。

足先が窮屈なら、ハーフサイズのインソールを選ぶとよいでしょう。

ローテクシューズの補強で選ぶ

ローテクシューズなら、インソールで補強して、ハイテクシューズに様変わりさせましょう。

中折れシューズには、硬質のスタビライザーのあるインソールを選んでください

シューズに挿入するだけで、シャンク(土踏まずの芯)の補強になります。

硬めのインソールを選ぼう

クッション性を売りにしているインソールってありますよね。

一見良さそうなのですが、衝撃を吸収するだけのインソールを使っていると、効果ないどころか疲れが増えることさえあるのです。

なぜなら、「衝撃を吸収する」ということは、「ブレーキをかける」ことになるため、スピードが止まって前に進まなくなるからです。

たとえば、ぬかるみを歩くような、砂浜で足が沈んで前に進まないような、歩きにくい状態になるわけです。

疲れないためには、「衝撃吸収と反発力がセット」になった、硬めのインソールを選んでください

ヒールカップで選ぶ

ヒールカップで踵骨が安定すると、衝撃のエネルギーがすぐに反発力へとリターンできるので、とても歩きやすくなります。

深めのヒールカップで、踵をホールドするインソールを選びましょう。

アーチサポートのあるものを選ぶ

足の疲れに効果のあるインソールは、土踏まずを支える3つのアーチがしっかりデザインされていることが大事です。

とくに、扁平足が疲れの原因ならば、アーチサポートで足底から土踏まずを支え、負担に負けない強い足にすることができます。

アーチの高さを選択できるインソールがおススメになります。

アーチサポートは、各メーカーにさまざまな特徴あるので、必ずチェックしておきましょう。

足トレ効果のあるものを選ぶ

インソールの中には、シューズに挿入して履いているだけで、足がトレーニングできるものもあります。

足底の筋肉が活性化されるので、疲れに強くなっていきます。

→ 足トレインソールはコチラ

疲れないためのインソールおすすめ8選

ここでは、中敷き研究家が厳選した『足が疲れない』おススメのインソールを、次の5タイプに分けて、8製品だけ紹介しますね。

  • 【ヒールカップ】タイプ
  • 【アーチサポート】タイプ
  • 【ハーフインソール】タイプ
  • 【クッション】タイプ
  • 【浮足改善】タイプ

【ヒールカップ】タイプはコレ↓↓↓

SUPERfeetインソール Heritage BLACK (ブラック)

『丈夫なヒールカップで踵を包み込み、アーチの自然な動きを引き出す優れもの』

出典:Amazon

最大の特徴が、硬質のヒールカップ。ヒールカップで踵を包み、アーチの自然な動きが導かれます。また、硬めのインソールだから反力があって歩きやすいのです。だから、疲れにくく、とても動きやすい。
さらに、スーパーフィートシリーズの中でBLACKは、薄くてかさばらない形状。タイトなスニーカーでも、アーチサポートの突き上げ感が少なく、快い履き心地を感じられます。

注意したいのは、スーパーフィートの場合、フィッティング(サイズ合わせ)の良し悪しで、履きごごちが全く違ってきます。カットを丁寧に行うことが、とても大事なポイントです。

【サイズ】B:21.5-23㎝/  C:23.5-25㎝/  D:25.5-27㎝/ E:27.5-29㎝/  F:29.5-30㎝/  G:30.5-32㎝/

created by Rinker
superfeet
¥5,587 (2024/07/12 19:15:05時点 Amazon調べ-詳細)

【アーチサポート】タイプはコレ↓↓↓

(ZAMST) ザムスト フットクラフトスタンダードクッションプラス

『日本人のデータを基にした足コアスタビライザーで、「抜群のフィット感」を感じられる』

出典:Amazon

このインソールの最大の特長は、アーチサポートの高さを選べるところ。ハイ(高)オレンジ色、ミドル(中)青色、ロー(低)緑色の3タイプから選べて、扁平足の度合いに応じて使い分けることができるので、オーダーメイド感覚に近いですよ。高さがフィットすれば、歩きやすくて疲れません。

購入する前には、アーチの高さを、必ず測定してくださいね。

【サイズ】S:21.0~22.5cm/ M:23.0~24.5cm/ L :25.0~26.5cm/ LL:27.0~28.5cm/ 3L:29.0~30.5cm

【アーチサポート】タイプはコレ↓↓↓

[ニューバランス] サポーティブリバウンドインソール RCP280

『米国で人気のシューズメーカー、NB「ニューバランス」のインソール』

出典:Amazon

見た目が、グレーカラーでシンプル。でも、とても高品質なんです。アーチサポート、クッション、グリップのよさは五つ星。やや硬めなので、とても歩きやすいです。

【サイズ】SS:21.5~22.5cm/S:23~24cm/M:24.5~25.5cm/L:26~27cm/O:27.5~28.5cm/XO:29.0~30.0cm

【アーチサポート】タイプはコレ↓↓↓

EDTREインソール アーチサポート

「人間工学に基づき設計、アーチが硬い素材で強力な支持力あるインソール」

出典:Amazon

アーチは、ハードなTPU(プラスティック)とハード高密度EVA素材でしっかりしていて、やや硬めのインソール。U型ヒールカップ設計が採用され、かかとを優しく包み込み、安定性もアップ。

【サイズ】22.5㎝-28㎝、5㎜間隔で12サイズ。12サイズと多いから、ぴったりフィット。

created by Rinker
EDTRE
¥1,799 (2024/07/13 15:44:44時点 Amazon調べ-詳細)

【ハーフインソール】タイプはコレ↓↓↓

[アシマル] インソール アクティブハーフ 日本製

『かかとにゴム、アーチに硬質プラスティック、ハードにアーチ機能を高めてくれる純日本製の逸品』

出典:Amazon

硬いプラスティック製のバネ板作用でアーチをしっかりサポート。なので、歩きやすくて疲れません。さらに、薄さ2㎜でとても使いやすい。シューズに入れ替えて使用できるので、超便利。
【サイズ】S(23.0-24.5cm)、M(25.0-26.5cm)、L(27.0-28.5cm)
【厚み】踵の厚み2㎜

created by Rinker
ASHIMARU(アシマル)
¥2,530 (2024/07/13 15:44:40時点 Amazon調べ-詳細)

【クッション】タイプはコレ↓↓↓

インソール [理学療法士監修] 衝撃吸収 アーチサポートRela Kino

『衝撃吸収に優れ、しかも土踏まずのサポートが強力で歩きやすい』

出典:Amazon

特殊4層構造で負担軽減。かかと中心にジェルパットと、クッションに特化した特殊PU素材のダブルで衝撃吸収しています。アーチ高3.5㎝でアーチの保護も強力。しかも硬すぎないので、土踏まずのサポート感はかなりいい。

【サイズ】3S:22-22.5、2S:23-23.5、S:24-24.5、M:25-25.5、L:26-26.5、2L:27-27.5㎝XS:22cm~24cm S:24.5cm~25.5cm M: 26㎝~27cm L:27.5cm~28.5cm XL:29cm~31cm の5サイズ。男女兼用。
【厚み】先端0.7㎝、アーチ高3.5㎝、かかと中心1.1㎝

【クッション】タイプはコレ↓↓↓

[ソルボ] DSIS ソルボ ヘルシーフルインソール ブラウン

『電球を挟んで叩いても割れない素材のソルボセイン、さらにアーチサポートもプラス』

出典:Amazon

筋肉の特性をもった特殊な衝撃吸収素材「ソルボセイン」でできたインソール。さらに、内側アーチ・外側アーチ・横アーチがプラスされ、歩きをサポートしています。

【サイズ】3S:22-22.5、2S:23-23.5、S:24-24.5、M:25-25.5、L:26-26.5、2L:27-27.5㎝
【厚み】約4㎜

created by Rinker
SORBO(ソルボ)
¥1,600 (2024/07/13 15:44:44時点 Amazon調べ-詳細)

【浮指改善】タイプはコレ↓↓↓

BMZ(ビーエムゼット) 「アシトレ」モデル アシトレ

『BMZは、アーチを支える基点「立方骨」の新発見から生まれた日本製の新型インソール』

出典:Amazon

立方骨パットと前足パッドで、「浮き指」を改善してくれる。だから、足指が地面について筋トレになる。さらに、内側アーチがフリーで圧迫されません。なので、疲れにくい足に強化されますね。ただし、ふだん使わない筋肉が働くため、使い始めは筋肉痛がおこることもあります。

【サイズ】
XS:21.0-22.5cm/ S:23-24.5㎝/M:25.0~26.5 cm /L:27-29㎝

created by Rinker
ビーエムゼット(BMZ)
¥2,340 (2024/07/13 03:44:19時点 Amazon調べ-詳細)

【浮指改善】タイプはコレ↓↓↓

Reve(レーブ)五本指インソール

『自分で施工するオーダーメイドインソール、浮指改善、足とシューズとの一体感が格別』

日本生まれ,、五本指インソールのRrve(レーブ)。最大の特徴が、足趾のフィット感。
浮き指が改善し、立ち仕事でも踏ん張り力がかなりアップします。自分で施工するので、採型する時には、動画と設計図を参考に、うまく慎重に採型してください。

【サイズ】5サイズ:S:22‐24㎝、M:24.5‐25.5㎝、L:26‐27㎝、XL:27.5‐28.5㎝、XXL:29‐30㎝

こちらも、ご参考にしてください。
Reve(レーブ)5本指インソール、すごいぞ! つま先まで使える、足の指力アップ、自宅で簡単施工Reve(レーブ)5本指インソール、すごいぞ! つま先まで使える、足の指力アップ、自宅で簡単施工

まとめ

足が疲れないためのインソールの選び方、いかがでしたか?

足が疲れる原因は、「靴やシューズ」の問題と「足の崩れ」の問題があります。原因に応じて、インソールを使い分けるのが、ポイントなんですね。
また、浮き指の改善と、足趾の踏ん張り力のアップも大事です。

それから、柔らかインソールよりも硬めのインソールの方が、歩きやすくて、足は疲れにくいんです。

疲れや痛みがひどい場合には、がまんしないで、お医者さんに相談して下さいね。

この記事を参考にして、足が疲れないためのインソールを、ぜひ試してください。

立ち仕事が楽になる【最強】のインソールを紹介! 痛み・疲れ・むくみを和らげるおススメの18選立ち仕事が楽になる【最強】のインソールを紹介! 痛み・疲れ・むくみを和らげるおススメの18選 足底筋膜炎にベストなインソール!! 足の痛みをやわらげる おすすめ7選足底筋膜炎にベストなインソール!! 足の痛みをやわらげる おすすめ7選 扁平足の矯正には、インソールを使うのがベストだ おすすめ5選扁平足の矯正には、インソールを使うのがベストだ おすすめ5選 かかとインソール 靴ずれ、かかとの痛み改善!【原因別】おすすめ11選 かかとインソール 靴ずれ、かかとの痛み改善!【原因別】おすすめ11選  土踏まずのサポート【最強】インソール! 【用途別】おすすめ特選、足のお悩み解決!土踏まずのサポート【最強】インソール! 【用途別】おすすめ特選、足のお悩み解決!
上部へスクロール